ボールを失わないこと イレギュラーなボール

サッカーの試合中、自分に向ってくるボールがゴロのボールとはかぎりません。

味方がゴロで出したパスだとしてもグラウンドの状況や誰かの足に当たって弾んでいるかもしれません。

味方のディフェンダー、もしくは相手のディフェンダーがクリアしたボールかもしれません。

キーパーのパントキックかもしれません。

色々な状況が考えられ、色々なボールが想定されます。

試合の状況にもよりますが、イレギュラーなボールの方が多い試合もあるでしょう。

その場合、インサイドトラップだけでは対応できません。

自分の目の前でボールがバウンドするとき

そのときはこの動画で紹介されているエッジコントロールを身に付けることでボールは自分の足元にピタリと収まります。

自分の目の前でボールがバウンドするとは限りません。

上からボールが降ってくるかもしれません。

ボールが降ってきた場合、最終的に自分の足元にボールを収めるとしたら胸トラップを選択することが多くなるかもしれません。

またヘディングで味方に繋ぐことも考えられます。

自分の足元でバウンドしたらエッジコントロール、上からボールが来たらヘディングや胸トラップ…

では自分から少し離れた場所でバウンドし、自分にとって中途半端な高さのボールが向かってきたときにはどんなプレーを選択することができるでしょうか?

一歩下がってもう一度バウンドさせてエッジコントロール?

もちろんそれも選択肢のひとつです。

下がるとラインを割ってしまう…

ディフェンスが迫っている…などの下がれない状況の時はどうでしょう?

こちらの動画をご参照ください。

『ファーストタッチ』

はサッカーで非常に重要なポイントです。

様々なボールに対して様々な選択肢を持つことでどんな状況でどんなボールが来てもマイボールにすることができる。

チームのボール保持率が上がれば勝利に近づくのではないでしょうか。

カンコーチの教えは細かく、そして実戦的です。

試合中に起こる小さな選択ミスから起こるボールロスト

積み重なって敗因になることも多々あります。

そんなところも動画のテーマのヒントになっています。

0コメント

  • 1000 / 1000

千葉県柏市のサッカースクール エシタード

代表 康 英敏 日本サッカー協会公認B級ライセンス保有 チャンネル登録者1万5千人 最大再生回数25万回 を誇る超有名コーチ!