ボールを失わないこと 体を使ってボールを守る

ボールを正確に…もしくは自分のイメージ通りにトラップすることでボールを失わずにマイボールに出来る可能性はグンと上がります。

ボールを相手に奪われないということを考えた時につぎはボールを守るためのポイントを考えます。

自分の足元にあるボールをいかにして守るのか…?

使えるのは自分の体

では自分の体をどのように使えば守れるのか?

そんなポイントをご紹介している動画です。

1本目の動画では自分がボールを保持し相手にマークされ、奪いにきている状態でどのように体を使って守るのか?ということを説明しています。


こちらの動画ではそんなマークを一瞬外します。
相手をブロックして一瞬マークを外すという技術について説明しています。

どちらも試合中非常に有効な技術ですので是非ご参照ください。

カンコーチは練習中に言います。

「お前が死んでもいいからこのボールを生かせ!」

少し問題発言でしょうか?
言葉は悪いですがもちろん文字通りの意味ではなく

相手とボールを競った状態の時に無理に自分が保持しようとするのではなく
自分は体を張って相手をブロックして時には犠牲になって状態の良い味方にボールを預ける。


という選択を指します。

よく見られるのが競った状態で一瞬自分がボールを奪うものの無理に自分でドリブルをするなどしてすぐに相手に奪われてしまうという場面。

サッカーはチームスポーツ
大事なのは自分がボールを持つことではなく自分のチームがボールを持つこと

ボールを相手に渡さない

ボールを失わないことではないでしょうか?

0コメント

  • 1000 / 1000

千葉県柏市のサッカースクール エシタード

代表 康 英敏 日本サッカー協会公認B級ライセンス保有 チャンネル登録者1万5千人 最大再生回数25万回 を誇る超有名コーチ!