【エクーラSC】クラブユース選手権 一次リーグ 第3戦

VS アベーリャス千葉FC

3-0〇

「素晴らしいチーム」

互いに予選通過がない状況で迎えた最終戦。

3年生にとっては最後のクラブユース予選の試合でもあり勝利にこだわった想いが全面に出ていた。

試合はスタートから互いの特徴がはっきりした展開。

アベーリャスはキープ力のあるトップがサイドから大きく逆サイドへチェンジし次から次へと攻撃の枚数を増やし厚みのある攻撃を仕掛ける。

エクーラは質の高いラインディフェンスで相手を封じボールを奪ってからすばやい攻守の切り替えから3人目・4人目の動きの連動性で相手ゴールに迫る。

アベーリャスに流れが続き、苦しい状況を救いエクーラの魂に火をつけたのがキーパーのワンプレーだった

バックラインを突破した相手との1 対 1を見事な反応で強く弾き返し前半最大のピンチを脱すると今度はエクーラが見事なダイレクトパスの連続からスルーパスでキーパーとの1対1

上手くキーパーをかわしたが無人のゴールを外してしまう。

しかし流れがエクーラに続き34分右サイドからアーリークロス。

すばやい動き出しをしたのは移籍してきた2人。

相手をブロックしながら左足でダイレクトボレーを突き刺し先制点!

 後半、スタートから気持ちの入ったプレーが見られた。

前線で相手を背負いキープしたダイスケが見事なターンからリュウキへスルーパス。

キーパーとの1対1を今度はしっかりゴール。

早々とリードを広げる。

相手の総攻撃をしのいで29分

今度はリュウキのキープからダイスケへのスルーパス。

左からキーパーの上を巧みに抜き追加点。

その後、相手の攻撃を上手くかわし嬉しい勝利。

この間、夜の公園で自主トレーニングに励んでいたダイスケが活躍したことはとても素晴らしいことだと思う。

そして最後までアグレッシブに、そしてフェアーな厳しいコンタクトプレーを見せながら諦めずに闘い続けたアベーリャス千葉の選手達にはリスペクトの気持ちがより強くなった。

素晴らしいチームとの素晴らしい闘いを是非ともまた見てみたい。

そのためにもまだまだトレーニングを頑張っていこう。

0コメント

  • 1000 / 1000

千葉県柏市のサッカースクール エシタード

代表 康 英敏 日本サッカー協会公認B級ライセンス保有 チャンネル登録者1万5千人 最大再生回数25万回 を誇る超有名コーチ!